[留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
襖に張られたアイドル・有名人 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2007/03/04(Sun) 13:10 No.3420

お世話になっております。
久方ぶりの投稿です。
51号の階数は一寸忘れましたが立てかけられていた襖です。
当時(s49)のアイドルや有名人の切り抜きやポスターがいっぱい貼ってありました。
こういう生活感をかんじさせるものがだんだん端島も少なくなってきました・・。
この部屋には若い人がいたんでしょうね。
おそまつでした。

Re: 襖に張られたアイドル・有名人 超問です。 - 2007/03/04(Sun) 18:43 No.3421 <HOME>

襖中央の写真は桜田淳子さんの写真ですね。

閉山間際は、森昌子さん、桜田淳子さん、そして山口百恵さん3人を「花の中三トリオ」と呼んで、世間では騒いでいたと思います。当時、誰のファンになろうか悩んだ?思いがあります。

日曜日の午前中は3人を輩出した?番組の「スター誕生!」を見るのが楽しみでした。

Re: 襖に張られたアイドル・有名人 管理人 - 2007/03/05(Mon) 12:09 No.3422

▼用務員さんへ

今週もありがとうございますm(_ _)m
51号棟のわりと綺麗に保存されている部屋ですね!
たしか8階の真ん中へんの部屋ではなかったでしょうか。

左下に写るビクターのカレンダーに、
飯田電気さんの名前が印刷されていますね。
飯田電気さんは51号棟の防潮階で営業していた電気屋さんなので、
けっこうこのカレンダーを使われていたお宅は、多かったんではないでしょうか。

それにしてもアラン・ドロン、スティーブ・マックィーン、懐かしい・・・。
確かこの襖の左側には、アグネス・チャンとかも貼ってありましたね。

▼超問さんへ

「花の中三トリオ」・・・これまた懐かしいですね!
御三家からはじまって、少年隊くらいまで、
この時代は3人セットのアイドルが、多かったような気がします。

「スター誕生」もまた、懐かしいですね。



画像は同じ部屋に残されていたコロムビア製の足付きステレオです。
このステレオから桜田淳子や森昌子の歌声が流れていたんではないでしょうか。
 

Re: 襖に張られたアイドル・有名人 FORZA - 2007/03/15(Thu) 22:01 No.3430

管理人様、お久しぶりでございます<m(__)m>
昔のデカいステレオ、懐かしいですね。
保存常態も良さそうに見えます。
レコードをかけたら、音が出そうな…
(まぁ、実際には作動しないでしょうけど…)
こういった「家具調ステレオ」(と言うんでしょうか?)
当時は、かなり高価なものだったのではないでしょうか?
このステレオの様な、懐かしいものが、
そのまま残っているのが、軍艦島の特徴であり、魅力ですよね。
操業時の島民の方々の暮らしぶりが伝わってきます。

〜追伸〜

また昨年のようなオフ会が開催されると嬉しいです。

Re: 襖に張られたアイドル・有名人 管理人 - 2007/03/16(Fri) 19:53 No.3431

▼FORZAさんへ

おひさしぶりです!

そういえばこのステレオの当時の販売価格を調べるのを忘れていました。
たぶんアンプ部分は真空管かと思うので、
いい音、鳴らしてたんじゃないでしょうか。

昨年のようなオフ会へのリクエストもありがとうございます。

前回はたっぷり時間があったようでも、
人数が多いと多くの人とはお話ができないので、
是非また開催したいと思っています。
今年はメンバー全員、激忙の時代なので、
いつになるかはわかりませんが、
決まりましたら、またご連絡させて頂きます。
 



日給社宅16号ビルヂング(笑) 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2007/03/11(Sun) 16:45 No.3427

お世話になっております。
日給社宅の写真です。
ナンてことない平凡な写真ですけど一寸見上げた感じに撮ってる写真なんで「日給社宅16号ビルヂング」って名前付けてもカッコつくかなーと思い、貼ってみました。
おそまつでした・・・。

Re: 日給社宅16号ビルヂング(笑) 管理人 - 2007/03/11(Sun) 23:34 No.3429

▼用務員さんへ

今週もアップしていただきありがとうございます。

ビルヂング。「ヂ」が泣けますね!
都内でも時々「ヂ」のビルを見かけますが、
時代を感じます。

この目線からみて、めがねの横あたりの堤防の上からの眺めですね。
まだ上陸規制が厳しくなかった時代には、
堤防の上からもゆっくり建物を見る事ができたのですね。

日給社宅は貴重な建物なので、
なんとか保存してもらいたいところです。
 



はじめまして 投稿者:Suica  投稿日:2007/03/11(Sun) 02:20 No.3426

管理人様、はじめまして。
軍艦島に魅せられたひとりです。

私は国内47都道府県で唯一訪問してい無い県があります。
それは長崎県です。
この中旬、訪問します。

質問させてください。
地獄段から端島神社は複雑で迷いやすいと聞いています。
経路等をご教授願えませんでしょうか。

ぶしつけで申し訳ございません。
宜しくお願い申し上げます。

Re: はじめまして 管理人 - 2007/03/11(Sun) 23:27 No.3428

▼suicaさんへ

軍艦島オデッセイをご覧になって頂きありがとうございます。

地獄段はに関しては、サイト内の
軍艦島概説 / 岩礁の迷宮 / 階段の項
http://www.gunkanjima-odyssey.com/GS22-05-01.htm
をご覧になって頂ければと思います。
完全ガイドではありませんが、そこそこポイント押さえてアップしてありますので。

でも来年の一般公開でも、住宅棟側の見学はできなそうなので、
特に危険度の高い地獄段の見学が実現する事はなさそうですね。

画像はサイトのページにアップしていない部分です。
56号棟と57号棟の中庭ですが、右はじに写る縦長の入り口が、
日給社宅裏の部分への入り口です。
 



襖に張られたアイドル・有名人 投稿者:kakita  投稿日:2007/03/05(Mon) 20:47 No.3423

高島にも飯田電気ありました。51号棟の防潮階で営業していた店舗は台風の度に損害を出していたのではと想像しています。炭鉱最盛期は高島の電気店は飯田電気を始め、黒田電気、今田電気、石田電気、野口電気などおよそ6件、パチンコ店は少なくとも4軒はありました。アイドルポスターの襖があったのは51号棟の最上階かその下の階だったと思います。例に漏れずこの襖も別の場所に移動していたり、左右が入れ替わったりしていました。

Re: 襖に張られたアイドル・有名人 管理人 - 2007/03/07(Wed) 13:31 No.3425

▼kakitaさんへ

おひさしぶりです!コメント、ありがとうございます!

『実測』をみてみると、日給社宅や51号棟の防潮階は、
48号棟や31号棟の地下と海抜がそれほど変わらないですね。
kakitaさんのお話を伺って、あらためて、
防潮階での営業はきっと大変だったんだろうなぁ〜、と想像しました。

高島の最盛期の電気屋さんやパチンコ店のお話もありがとうございます。
でも電気屋さんが6軒、パチンコ店も4軒ということなので、
人口に対してのお店の数が、端島より遥かに多かったんだと思いました。

私がアイドル襖の部屋を訪れた時は、
外されて窓際の壁に立てかけられてたこともありましたが、
このままだと日焼けしてしまうと思い、
元の位置(かどうか正確にはわかりませんが)に戻しておきました。(笑)
 
画像は端島のパチンコ台です。
ICのフィーバー台が全盛の今、チューリップがある手打ち式のパチンコ台は、
すごく懐かしいです。
 



軍艦島08年度にも上陸可能に 世界遺産目指す長崎の産... 投稿者:doutoku  投稿日:2007/02/20(Tue) 23:42 No.3418

長崎市は二十日、長崎港沖の南西約十九キロに浮かぶ旧海底炭鉱、端島(通称・軍艦島)に観光客らが二〇〇八年度から上陸できるよう整備を始めると発表した。三月定例市議会に提出する〇七年度一般会計当初予算案に関連予算一億五百万円を盛り込んだ。

 端島は、一八九〇年から三菱石炭鉱業の経営で製鉄用の石炭を供給する海底炭鉱の島として栄えたが、一九七四年に閉山。

 炭鉱マンの住居やアパートが建ち並び、外観が軍艦に似ていることから軍艦島と呼ばれている。

 市は二〇〇五年度に学識経験者でつくる検討委員会を設置し、観光資源としての活用策を探ってきた。

 市企画部によると、島の南東部にある桟橋を上陸施設として整備し、船を横着けできるようにする。建造物の補修や維持管理は多額の費用がかかるため手をつけず、安全面から町中は歩けないという。しかし、島の周辺部に総延長約七百メートルの遊歩道を設け、できるだけ近くで見学できるようにする。

 昨年あったまち歩き観光の長崎さるく博では、軍艦島を周遊するクルーズを盛り込んだコースが人気を集め、期間中約五百人の参加があった。

 軍艦島は二〇〇一年に三菱マテリアルから西彼高島町に無償譲渡され、〇五年に高島町が長崎市に編入合併され、市の所有となった。いまは調査研究目的以外で上陸は禁止されている。

 九州・山口に残る石炭産業や鉄鋼業などの産業遺構の一つとして世界遺産登録を目指している。
長崎新聞 2月20日速報
**************************

1億あまりの予算を計上するには
今後の軍艦島の保存ではなく観光利用という色が濃く出ています。予算を計上する前にこの島の文化財としての価値を認めるべきではないかと思います。
このままでは単なる物見有山の観光の島に終わってしまうことの懸念を感じます。
上陸の英断は認めるにしてもその前の議論をないがしろにしていては失うものの多いことに気づいていないような気がします。
ここは観光地ではないのです。
原爆資料館を観光地にしていった行政観光の過ちをまだわかっていない長崎の愚かさを悔やみます。

Re: 軍艦島08年度にも上陸可能に 世界遺産目指す長崎... 管理人 - 2007/02/22(Thu) 13:16 No.3419

▼doutokuさんへ

来年の上陸に関しては、既に報道されていたので、
今回の報道は、より正式な発表、ということなのでしょうか。
以前の計画とは違い、
堤防の上、あるいは堤防沿いに遊歩道を造るような感じになるのかと思いました。

お話を聞く限り、行政側は文化財としての側面をないがしろにしている様子ですが、
なんでそうなってしまうのかが不思議です。
10/31のシンポジウムでスミスさんがおっしゃていた、
地域の活発な活動によって、保存が行われている遺産の話を思い出します。
もし行政がその価値をわかっていないのだとすいれば、
いまこそ、
軍艦島を世界遺産にする会や九州伝承遺産ネットワークの力が必要な時かと思います。
 



管理人様・・・ 投稿者:zzrninja  投稿日:2007/02/18(Sun) 00:30 No.3416

ご丁寧にお返事を頂きましてありがとうございます!

落書きの件は私の勉強不足のようでした。
確かにアーティストの方が輝ける場として軍艦島が開放されれば、また違った形で軍艦島に触れられる機会が訪れるかもしれないですね。
そして昔のように活気あふれる軍艦島が戻ってくるかもしれませんし・・・。
そうなるにはまだまだ難しいでしょうけど、いつの日か実現できるといいですね!

私もまだまだ勉強不足なので、軍艦島ことをもっと知ってきたいと思います。

未熟者ですが、また書き込みさせていただきます!

Re: 管理人様・・・ 管理人 - 2007/02/18(Sun) 09:59 No.3417

▼zzrninjaさんへ

> 落書きの件は私の勉強不足のようでした。

全然そんなことないないです。
落書きを心苦しく思われるのは、当然だと思います。
アートランドの話は、あくまでも例えばの話ですので・・・

「炭鉱とその時代」が蘇ることはないと思いますが、
ちゃんと歴史の跡が残りながら、全然違う形で蘇る事は、
とてもいいことなんではないかと思います。
それが夕張をはじめ、嘗て繁栄した場所すべてが背負っている、
課題なんじゃないかと思います。

いつでも気軽に遊びにきてください。
またお待ちしています。
 



はじめまして・・・ 投稿者:zzrninja  投稿日:2007/02/16(Fri) 01:53 No.3414

軍艦島オデッセイ じっくりと拝見させて頂きました。
このサイトは2年程前に見たことがあり、また覗かせて頂いた次第です。
こと細かく記載されており、軍艦島に対するみなさんの熱い気持ちが画面からひしひしと伝わって参りました。

たまたまヤフーの特集?で初めてこのサイトを見たような気がするんですが、最初は心霊スポットみたいな感じがして物凄く怖かったです。無人の廃墟・崩壊した建物など、普段の生活では考えられない写真を目の当たりにし、鳥肌が立ちました。(大変失礼な発言、申し訳ありません)
しかし今思うと、それらは今の私たちに何かを語るような力を秘めた写真なのではないかと思います。
(何か・・・は、それぞれが写真を見て感じることなのでわかりませんが。)

私は生まれも育ちも神戸、現在も神戸に住んでおります。
軍艦島とは全然関係が無いのですが、写真を見ていると不思議なことにとても懐かしい気持ちになります。
お城や仏閣など古い建造物を見て、大昔の人がどんな暮らしをしていたか、ここでどんな事を考えていたのか・・・など、想像するのが好きなので(別に怪しいものではありません・・笑)、それと同じように、「軍艦島の人々は当時どんな風に過ごしていたんだろう。」などと想像すると、ここに載っている写真を始め、他のサイトに載っている軍艦島の写真には、不思議な懐かしさを抱くと共に、語りかけてくる力が本当にあるんではないかと私は感じました。

2008年に一般公開予定とありましたが、どのように一般公開をされるんでしょうか?楽しみです。
しかし、上陸出来るとしても私は上陸したいとは思いません。(阪神大震災を経験しているため、崩落した建物に近づいたり、今にも崩れそうな所に入るのが怖いのです。)
でも、いつかこの目で軍艦島を見に行きたいです!

サイトの管理人様、お体に気をつけて頑張って下さい!

追伸・・・落書きの写真、とても悲しかったです。
軍艦島だけでなく歴史のあるものへの落書きや、いたずらを見ると心が痛みます。
このサイトを通じて、そのような行為が減ることを願います。


長々と書き込んでしまい申し訳ありません。
ヘタクソな文章を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。



Re: はじめまして・・・ 管理人 - 2007/02/16(Fri) 10:10 No.3415

▼zzrninjaさんへ

はじめまして。軍艦島オデッセイをご覧になって頂き、ありがとうございます。

現在の軍艦島は廃墟の島なので、zzrninjaさんがおしゃるように、
怖く、鳥肌が立つ場所だと思います。
ただその感覚を正面から受け止める人もいれば、美しいと受け止める人、
沢山の歴史が眠っている場所と受け止める人、
いろいろな人がいるんではないかと思います。
廃墟とはそういったいろいろな受け止め方ができる場所ではないかと思います。

2008年の公開は、新聞報道などを見る限り、ごく一部分の安全な場所への上陸のようですが、
たとえ上陸できたとしても、今の廃墟軍艦島をみるだけでは、
この島に人が沢山いた時代を感じたり知ったりする事は、
ほとんどできないと思うので、とても残念です。
また震災をご経験されているのでしたら、なおさらではないかと思います。
上陸して一番最初に目に入るのは、戦渦の瓦礫のような光景ですから。

島内の落書きに関しては、サイト内のテキストでも多少触れていますが、
もし軍艦島がアートランドとして再利用され、
アーティストが好きな壁面に好きな絵を描けるように解放されたとしたら、
島内に描かれた絵を、人は「良し」と思うんではないかと思います。
もちろん落書きはよくありませんが、
廃墟の時代に人が関わった、ささいな証でもあると思います。
軍艦島には、綺麗に整備されて、遠くから眺めたり、ありがたく見学するような、
そんな島になって欲しくはありません。
いつも人が力強く関わって、生き生きと生きている島でいて欲しいと思います。



人が沢山いた時代の軍艦島をお知りになりたい場合は、
『想像と記憶 端島(軍艦島)』をご覧下さい。
http://www1.cncm.ne.jp/%7Em8512215/hasima/
もと島民の管理人さんが渾身のパワーで収集された、
操業時の端島が沢山アップされています。

そして端島の未来に関してでしたら、
『軍艦島を世界遺産にする会』をご覧下さい。
http://www.gunkanjima-wh.com/

また島民の方々の、島で生活されていた時のお話は、
『軍艦島トークセッション MEET THE GUNKANJIMA』report
http://www.gunkanjima.ne2.jp/MTGreport.htm
にアップしていますので、
お時間があるときにでも、ご覧になって頂ければと思います。


 
画像は小中学校の屋上花壇跡です。
増築されて狭くなった屋上の一角に小さく作られた花壇の前からの眺めは、
島内でも指折りのものだったと思います。
 



時化だしたかな・・・。 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2007/02/05(Mon) 07:37 No.3402

お世話になっております。
H9年に撮った写真です。
早朝に島に入った時は凪だったんですが昼過ぎ頃から風が出始めて時化てきました。
50号裏の護岸に打ち付けて上がる波しぶきです。
時化だすと護岸上は怖かったです・・。
おそまつでした。

Re: 時化だしたかな・・・。 管理人 - 2007/02/05(Mon) 08:45 No.3403

▼用務員さんへ

今週もありがとうございます。m(_ _)m
堤防にあたって立ち上がる波しぶきは、
遠くからみると小さいようでも、近くで見ると結構迫力がありますね。
話には聞く、堤防を遥かに越えて、更に住宅棟も越えて、
豪雨のように降る高波は、さぞ凄かったんではないかと思います。

一度台風の時の高波を見た事がありますが、
31号棟のところでアパートより高く上がった高波が、
その高さのまま39号棟、48号棟、51号棟と、
外海側の壁状の建物をなめるように、
凄いスピードで進んで行くのにはびっくりしました。
 
住んでいた方は、さぞ怖かったと思います。
 

Re: 時化だしたかな・・・。 超問です。 - 2007/02/06(Tue) 22:39 No.3404 <HOME>

島に住んでいた方でも、感じ方は人それぞれと思います。私にとっては、大きな波のうねりを見るのが楽しみでした。

でも船の欠航だけは嫌でしたね。

Re: 時化だしたかな・・・。 管理人 - 2007/02/07(Wed) 05:33 No.3405

▼超問さんへ

やはり小さい頃からご覧になっているからでしょうか。

そういえば、当時の写真に、
沢山の女の人が降り掛かる波頭をビルの屋上から眺めているものがありましたね。
怖がる人よりは、楽しんでいた人が多かったのかと思いました。

船の欠航は、やはり食べ物の問題でしょうか。
 

Re: 時化だしたかな・・・。 超問です。 - 2007/02/12(Mon) 20:48 No.3411 <HOME>

一週間ぐらい欠航した時の事を覚えています。その時、島の倉庫は底をつく寸前だったのかも知れませんが、当時、子どもの私には食べ物的問題は感じませんでした。それよりも本が届かなかったのが苦痛だったように思います。(勿論、勉強の本ではなく、マンガ本のようだったと思います。)

Re: 時化だしたかな・・・。 管理人 - 2007/02/13(Tue) 06:12 No.3412

▼超問さんへ

時化の時のお話、ありがとうございます。
『想像と記憶』の掲示板にも書き込みさせて頂きましたが、
閉山近くの頃は島民も減っていて、運搬船も数が多く就航していたので、
食料に関しては、いつも確保できていたのかと思いました。

でも週刊本や月刊本などは、出た後でないとみれませんね。

もしまだ端島が操業していたら橋が掛かっていたでしょうか?
でも鳴門海峡大橋が約4kmなので、それはありえませんね。
それよりは高島の港のように、
ドルフィン桟橋の周りに防波堤を作って、接岸してたかもしれませんね。
 



岩礁を貫く横穴 投稿者:管理人  投稿日:2007/02/07(Wed) 19:04 No.3406

端島には、
ぼたを投棄するために、真ん中の岩礁を貫通して、
内海側の鉱業所から外海側の住宅棟へ通じる地下トンネルが掘られていましたが、
http://www.gunkanjima-odyssey.com/GS22-01-10.htm 参照
その横穴以外にも、実は穴があったんではないかと想像できる遺構があります。

二坑桟橋の岩礁側の山道の下に、何らかの穴(画像上左)が開いています。
また旧24号棟(31号棟の隣)の岩礁側にも、何らかの人工的な穴が開いています。(画像上右)

この2つの穴、俯瞰図でみると、ちょうど二坑桟橋の縦長の方の中心線の延長線上と一致します。
また『軍艦島実測調査資料集』などで両方の穴の海抜を調べてみると、ほぼ同じ高さなことがわかりました。

このことから、その昔、この2つの穴はつながっていて、
二坑桟橋から積み出された、ぼた以外の何らかの物資が、住宅棟側まで運ばれていたんではないか、
と想像できます(画像下・赤点線)

以前このことを、端島に詳しい方に伺ったところ、
24号棟側の穴は、数メートルで塞がっています。と教えて頂き、
この想像は雲と消えましたが、
ぼたコンベアの横穴同様一直線につながる事が果たして偶然の一致なのか、
不思議に思っています。

なお、この件を『想像と記憶 端島(軍艦島)』の掲示板に書き込みさせて頂いたところ、
この横穴は別として、
端島の岩礁には斜坑や防空壕など、沢山の穴が開いていたというお話を聞かせて頂きました。

端島の岩礁には知られざる謎が沢山隠されていそうです。



創業時の端島を、管理人さん渾身の収集による当時の写真とともに紹介している
『想像と記憶 端島(軍艦島)』
http://www1.cncm.ne.jp/%7Em8512215/hasima/
ぜひご覧下さい。

高島炭鉱の創業時と端島の写真を沢山アップされている、元炭鉱でお仕事もされていた方の
『柿田清英炭鉱写真作品集』
http://www.kakita-photo.com/
ぜひご覧下さい。
 



軍艦島からマンション問題を考える 投稿者:管理人  投稿日:2007/01/31(Wed) 08:38 No.3370

01/29、東京/浜松町のメルクパルホールで、
建物診断設計事業協同組合(建診協)によるシンポジウム、
『軍艦島からマンション問題を考える』
が開催されました。

建診協は建物を消耗品として建て替えるのでなく、
問題点を調査し、修復・再生を支援している団体です。
詳しくはサイトページをご覧ください。

http://www.adoc.or.jp/

シンポジウムは端島の建物を取り上げ、
具体的な事例とともにその再生方法を提示するといった専門的なものではなく、
もっと端島そのものを知ってもらおうという主旨のものだったため、
殆どは坂本理事長の端島解説が中心でした。

そして建診協の山口理事長、遺産の会の坂本理事長が共におっしゃっていたのは、
端島にあったコミュニティーの再生の必要性、
ひいては建築の再生にとどまらずに、
人間社会の再生の必要性だったと思います。

会場には昭和20年代に清水組でお仕事をされ、
65号棟の東棟の建設に携わられた今泉さん、
そして鉱長のご子息、中村さんもみえられ、
いろいろお話を伺う事ができました。

画像上はシンポジウムの様子。
左から建診協理事長の山口実さん、
軍艦島を世界遺産にする会理事長の坂本道徳さん、
福岡マンション管理組合連合会理事の藤野雅子さん、
高島炭鉱でお仕事をしたご経験がある建診協副理事の宮坂潤二さん。

※当初、清水組で65号棟建設に携わられた今泉さんのお姿もアップさせて頂きましたが、
公の壇上に立たれたわけではないので、
お姿をアップする事は控えた方がいいと判断し、削除させて頂きました。
 

Re: 軍艦島からマンション問題を考える テラシマヒロユキ - 2007/01/31(Wed) 08:39 No.3371 <HOME>

う〜ん、行きたかった!
ずいぶん専門的な感じのする団体が主催しているので、スルーしてしまいました。よく内容の告知を読めばよかったです。
坂本さんも来ていたのに・・・・。

Re: 軍艦島からマンション問題を考える 管理人 - 2007/01/31(Wed) 08:40 No.3372

▼テラシマヒロユキさんへ

告知は専門的な感じだったので、
当初はそういった内容かと思っていました。
会場にいらしてた方々も、専門的な方々ばかりでしたが、
内容自体は上述のように、とても普遍的なお話でした。

建診協の山口さんも、
もっと一般参加できる形で、今回のようなイベントを開催したいとおっしゃってたので、
いずれ開催されるかもしれませんね。

※最初のコメント欄に掲載したように、
添付画像の変更にともない、テラシマさんのパスワードが変更されてしまいました。
もしコメントを削除ご希望の際はその旨お伝えいただければと思います。
当方で削除させて頂きます。
 

 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42]


- Joyful Note -