[留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
公共広告機構 投稿者:dream  投稿日:2006/07/23(Sun) 20:15 No.1278

軍艦島の事を知ったのは 今から3年くらい前でした。
写真集で見たのですが ・・・
そのときに CMを思いだしたんです。
あのCMも衝撃的でした。日本にこんなところがあるんか?
人類の最後にいきつく墓場がまさにそこにあるかのような
なにか絶望のどん底につきおとされるようなCMでした。

Re: 公共広告機構 管理人 - 2006/07/24(Mon) 12:36 No.1284

▼dreamさんへ

軍艦島オデッセイをご覧になって頂きありがとうございます。

1981〜82年にかけてオンエアされた公共広告機構のCF『人影なし』を、
救いのない恐いCFと感じた方は沢山いらっしゃるみたいですね。

80年代前半と言えば、日本では高度経済成長が終わって、
戦後最も社会情勢が安定していた時期だったせいか、
テレビから流れるイメージも、
新しいことを謳歌するようなものが多かった記憶があるので、
このCFは特殊な感じだったんではないでしょうか。

このCFが流れた翌年に『DEAD TECH』という写真集がアメリカから発売され、
同時に「産業廃墟」という言葉も徐々に一般に浸透していきますが、
日本では産業廃墟はおろか、
普通の廃墟ですらそれほど紹介はされていない時期だったので、
そういった意味でも、インパクトがあったかと思います。

ところでこのCFの印象はBGMに負うところが大きいとも思いますが、
よくよく見てみると、後半は曲調が一変して、
日本の原風景的な田舎臭い曲調にかわるので、
もしかしたら、もう一度よき日の日本を回復しよう
といったメッセージも込められていたんではないかもしれませんね。
最近流れるACの、完全に救いのないCFと比べると、
まだ希望があったCFなんではないかと思います。

画像は65号棟と呼ばれる、
島内最大の建物の室内に育つ一本の木です。
 

Re: 公共広告機構 kinta - 2006/08/16(Wed) 14:09 No.1681

こんにちは。管理人様、みなさま。
はじめて書き込みさせていただきます。ここで紹介されているCMかどうかは判らないのですが某動画UPサイトに公共広告機構のものがアップロードされておりました。

http://www.youtube.com/watch?v=FIvGWR3QcfE&search=%E8%BB%8D%E8%89%A6%E5%B3%B6

短いCMではありますがかなり衝撃的な内容です・・・

Re: 公共広告機構 管理人 - 2006/08/16(Wed) 23:15 No.1709

▼kintaさんへ

軍艦島オデッセイをご覧になっていただき、ありがとうございます。

そうです、これが端島の「人影なし」のCMです。
ここにアップされているのは大きめのサイズで、
結構良く見えますね。

ところでなんの含みもなく単純に思ったんですが、
kintaさんはこのCMのどこが「かなり衝撃的な内容」だと思われましたか?
資源変換の頃をリアルタイムで体験している人間にとっては、
このCMが衝撃的な理由がよくわからないので、お尋ねさせて頂きました。
 



はじめまして 投稿者:nari  投稿日:2006/08/15(Tue) 03:05 No.1620

初めて投稿させていただきます。
前から軍艦島の存在は知っていましたが、
こうしてじっくり拝見するのはこれが初めてです。
美しいな写真と細かな解説は素晴らしく、
堪能いたしております。
あまりに美しいなので、
私の海外の友人にも紹介したいのですが
解説などを英語で閲覧することはできますでしょうか?
当方の手落ちで見逃してしまっていたら申し訳ありません。
長文失礼いたしました。

これからも楽しみにしております。

Re: はじめまして 管理人 - 2006/08/15(Tue) 10:32 No.1634

▼nariさんへ

はじめまして。
軍艦島オデッセイをご覧になって頂き、ありがとうございます。

残念んながら英文バージョンは作っていません。
立ち上げ当時、考慮したのですが、
このテキスト量だったので断念してしまいました。

いつになるかお約束はできませんが、
できたら英語バージョンもアップしたいと思います。

また遊びにいらしてください。
お待ちしています。

画像は67号棟と呼ばれる建物の中庭です。
X階段と呼ばれる変形階段があるおかげで、
柔らかい光が差し込みます。
 



こんばんは! 投稿者:ikeda   投稿日:2006/08/14(Mon) 02:08 No.1601


 この前私の先輩から聞いたのですが、その先輩の友人
 軍艦島に上陸したそうです。
 もちろん上陸の方法は書けませんが、笑ってしまうような
 方法でした(@。@)

 

 

Re: こんばんは! 管理人 - 2006/08/15(Tue) 10:24 No.1631

▼ikedaさんへ

お久しぶりです!
そうですか、先輩が上陸されたんですか!
年々少しずつ崩れていると思うので、
早く一般上陸出来るようになればいいと思います。

「軍艦島」はそのネーミングや外観から特に取りざたされますが、
要は島全体が炭鉱のために機能した島です。
そういった意味では長崎の外海にある他の島、
高島、中ノ島、伊王島、香焼、松島、池島、崎戸も全て同じです。
もし炭鉱の島の現在の姿をご覧になりたかったら、
端島以外は全て上陸可能なので、
これらの島へ行かれるのはいかがでしょうか。

例えば池島は、まだ炭鉱が操業していますが、
高層住宅棟はいまでは殆ど使われていない完全廃墟状態で、
その数も端島より遥かに多く、
高台に整然と並ぶ炭住アパートは圧巻です。
炭鉱施設内も、さるく博で一般公開しているようなので、
申し込めば見学が出来るのではないでしょうか。

また崎戸の炭鉱施設は、選炭工場や発電所の煙突など、
端島よりも多く残存している上に、
一部を除いて特に施設の見学を禁止しているわけでもないので、
こちらもお勧めです。

また高島にも当時のアパートやプールや炭鉱施設等、相当数残存しています。

これらの島を巡れば、
端島を見るのと同じくらい感動があります。

画像は池島炭鉱の高台に残る6号棟(手前)と1号棟アパートです。
また崎戸炭鉱はオープロジェクトのメインサイト「廃墟賛歌」の崎戸炭鉱↓
http://www.gunkanjima.ne2.jp/Gallery-sakito1.htm
をご覧ください。



端島神社御札 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/08/12(Sat) 14:30 No.1585

お世話になっております。
H9年頃撮った写真です。
確か22号(1階役場支所、2〜5階役場職員住宅)の居室に残ってた神棚の端島神社御札です。
高島では新年に会社(鉱業所)から各家庭に神社の御札が配られてました。
おそらく端島でも各家庭に端島神社の御札が配られていたのではないでしょうか。     おそまつでした。

Re: 端島神社御札 管理人 - 2006/08/13(Sun) 07:23 No.1593

▼用務員さんへ

一週間はあっというまに経って、また用務員さんの日が来てしまいましたね。

今週はまたまた貴重な写真をありがとうございます。

ところで神社のお札でふと思ったんですが、
普通神社というとお祭りに縁日はつきものだと思いますが、
端島、あるいは高島の神社祭りの時って、
縁日は出たんでしょうか?
もちろんテキ屋さんはこなかったと思いますが、
(いや、包丁研ぎや傘直しの人のように来たのかな?)
自治会とか婦人会が用意した、金魚すくいとか焼きそば屋台とかはあったのかな?
と思いました。

駄菓子屋さんがアパートの廊下で店広げて、子供達が群がってる写真は見たことがありますが・・・
 



無題 投稿者:doutoku  投稿日:2006/08/09(Wed) 08:12 No.1529

期間限定です

AVIファイルで
1957年(昭和32年)10月の
海底水道開通の映像をどうぞ

http://www.gunkanjima-wh.com/water.htm

感動の海底水道開通 管理人 - 2006/08/09(Wed) 14:25 No.1531

▼doutokuさんへ

たいへん貴重な映像をありがとうございます!&m(_ _)m

まだ海底水道ができる前の高島の、
天秤棒で水桶を担いでいる映像が出てきますが、
かなり重そうですね。
特に高島は丘が広く高いので、
運搬はしんどかったんではないかと思いました。

年表に記述されると、
たった一行の「日本初の海底水道の敷設」ですが、
こうやって当時の映像をみると、その時の感じが伝わって来ます。
特に島民の目には涙といっています。
やはり、待ちに待った海底水道だったんですね。

期間限定ではなく、
ずっと見られるようにして頂けると、
とても有り難いのですが、だめでしょか?
 

Re: ついでに doutoku - 2006/08/09(Wed) 17:59 No.1534

当時の新聞記事を・・・・

Re: 無題 doutoku - 2006/08/09(Wed) 17:59 No.1535

記事の内容

Re: 無題 管理人 - 2006/08/10(Thu) 04:45 No.1543

▼doutokuさんへ

更に貴重な当時の新聞記事をありがとうございます!&m(_ _)m

これは工事が始まった時の記事ですね。

ところで当時の映像の前半に、
長〜いパイプが畑の中のような所に安置されているシーンが出てきますが、
これって全長分を地上で溶接して、
一気に船で引きずり込んだということでしょうか?
だとしたら凄いですね!
まったく詳しくはありませんが、
たぶん今だったら、水中溶接とかするんではないかと思いました。
 



1945年8月9日 午前11時02分 投稿者:管理人  投稿日:2006/08/09(Wed) 06:00 No.1525

画像は軍艦島の島内に残る防空壕跡です。

大正七年(1918)に建設された日給社宅と呼ばれるアパートの中庭の奥に、
岩礁をくりぬいて作られた壕です。
コンクリで塞がれた入口はそれほど大きな印象はありません。

軍艦島のアパートの多くは、
太平洋戦争中、迷彩塗装を施されていましたが、
迷彩といっても今のようなカラフルなものではなく、
コンクリートの壁面に黒一色で、
太い帯柄の様に描かれたモノでした。
そんな迷彩柄が果たして役にたったのかどうかと思い、
リンクさせて頂いている『想像と記憶 端島・軍艦島』の掲示板で、
以前質問させて頂きましたが、
島内での戦争体験がある方から帰ってきた答えは、
そんなものまったく役にたたなかった!
と言うモノでした。
降り注ぐ焼夷弾は一瞬にして夜中を真昼にかえ、
島内の隅から隅までがくっきりと鮮明に見渡せる程だったということです。



今日、8月9日は、
今から61年前の午前11時2分に、
長崎に第二の原子爆弾が投下された日です。
死者74,000人、被爆者75,000人。



人類最大の大罪が、
二度と繰り返されないことを祈るばかりです。



黙祷
 



お久しぶりです! 投稿者:ふわふわ猫  投稿日:2006/08/08(Tue) 00:09 No.1507

こんばんわ。 さきほどより、関西ローカルの番組で、廃墟写真家小林伸一郎さんの紹介で、チラッと軍艦島が映りました!  番組は、北海道にある廃墟を見つけて撮影するというような内容みたいです! 軍艦島はもう映らないのかな?

Re: お久しぶりです! 管理人 - 2006/08/08(Tue) 17:29 No.1516

▼ふわふわ猫さんへ
お久しぶりです。
どうやら大雨の被害は、それほど目立ってなかったみたいですね。

関西では小林伸一郎氏の番組をやっていたんですか。
パッケージ商品として発売されている『廃墟シネマ』に、
小林氏が撮影している光景が入っていたような気がします。

画像は31号棟と呼ばれる、外海側に堤防の様に建つ建物の廊下です。
奥の方に電気ごたつが写っています。

いつもありがとうございます。 ふわふわ猫 - 2006/08/09(Wed) 00:53 No.1521

夕べは慌てて書き込みをしてしまい、失礼いたしました。

大雨の被害に遭われた地域にお住まいの方々には、心よりお見舞い申し上げます。
軍艦島は大丈夫みたいで安心いたしました!!
また続けて台風が来ていますが、無事を祈るばかりです。

興味深い画像が次々と出てくるこちらのサイトは、「軍艦島の宝石箱や〜」(*^_^*)素敵です!

またおじゃまします!

▼ふわふわ猫さんへ 管理人 - 2006/08/09(Wed) 02:21 No.1522

チャットではないんで、書き込みをリアルタイムでご覧になってる方は少なかったかと思います。

本編を細かく更新していく予定はないのですが、
それだといつも同じなので、
掲示板に本編にはない画像や話をアップしていこうと思いました。

ふわふわ猫さんから書き込みを頂くと、
なぜか青く写った画像をアップしたくなるのが不思議です。

これからも宝石箱になるよう頑張りますー!
また遊びに来てくださいね。
 



新65号ベランダを下より写す 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/07/30(Sun) 15:27 No.1374

お世話になっております。
H2年3月19日撮影の写真です。
新65号(神社側)のベランダを下から見上げて撮った写真です。
まだこの頃は木製手摺もきちんと残ってて、コンクリートの上から塗られるモルタルの白も左程くすんでなかったですね。          おそまつでした。

Re: 新65号ベランダを下より写す 管理人 - 2006/07/31(Mon) 05:38 No.1380

▼用務員さんへ

今週も貴重写真付き投稿、ありがとうございます!
木製の手摺りが綺麗に残っていますね。
ところで、テキストに
「コンクリートの上から塗られるモルタルの白も」
とありますが、
新65号棟は薄緑色だったと、
以前に用務員さんから伺った気がするのですが、
記憶違いでしょうか?
たしかに写真を見る限り、とても白くみえますが。

65号棟を見ていつも疑問に思うことがあります。
なぜ4階まで内縁で、5階から張り出し縁側になるのか。
普通に考えると、
日照条件の悪い下方階の方の縁側こそ、
外側へ張り出させるんではないかと思いますが、
65号棟の造りだと上階ばっかり恵まれた環境になってしまうんではないかと思います。
ただ、この5階から縁側の形を切り替える造りだと、
見た目的にインパクトは凄くあるんですが・・・。
 

Re: 新65号ベランダを下より写す 端島支所下っぱ用務員 - 2006/08/06(Sun) 14:22 No.1492

新65号は薄緑色・・のような気もします・・。
どうも白色モルタルのイメージがありまして・・・。

戦後建てられた建物は壁面に色をつけたものが何棟か見られますね。
S33年に建てられた端島病院本館は緑色、小中学校校舎は白色、S34ねん建設の3号職員社宅もよくよく見るとごく薄いピンク色、39号公民館はピンク色、13号教員住宅は肌色でしたね。
建物の色から見る端島建築群の見方も面白いですね。
                   おそまつでした。

Re: 新65号ベランダを下より写す 管理人 - 2006/08/07(Mon) 06:10 No.1499

▼用務員さんへ

着色といえば、
閉山間際の写真をみると、
22号棟、31号棟、51号棟も、
白く塗られているように見えます。
3号棟はてっきり白だと思っていましたが、
薄いピンク色だったんですね。

あと、ちどり荘も肌色に着色されていたんではないかと思うのですがいかがでしょうか。
肌色と言えば13号棟もそうですが、
同じ教職員用のアパートなので、
色を統一したんではないかと、
そんなことも思いました。

画像はちどり荘です。
色処理を一切しない、撮影したまんまの状態の画像です。
1階の壁面の色が13号棟に共通する色のような気がします。
2階はところどころ色が残っているので、
恐らくコンクリの地肌の所は、剥落してしまったんではないかと思いました。
 



端島病院玄関車寄 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/08/06(Sun) 13:50 No.1491

お世話になっております。
端島病院玄関部分の車寄のように造ってあるところの写真です。
車もない端島(三輪トラックはありましたが)に、車寄のように造ってある玄関がたいへん面白いなと思い貼らせて頂きました。             おそまつでした。

Re: 端島病院玄関車寄 管理人 - 2006/08/07(Mon) 05:52 No.1497

▼用務員さんへ

今週も写真投稿ありがとうございます!

いわれてみると車寄せのよう作りですね。
この写真の様に、病院正面左の手前へ張り出した部分の上からみないと、
なかなかわからない構造だと思います。
実際正面からは何度も見てますが、
車寄せのような作りだと思ったことは一度もありませんでした。

この場所は裏からも学校の横からも車がこれる場所ではなかったと思うので、
単なるデザイン的なものだったのでしょうか?

また唯一あった三輪トラックは、閉山の時に運び出されたのでしょうか?
ちょっと気になります。
 



Google Earth・マップで軍艦島が高解像度に 投稿者:tks  投稿日:2006/07/24(Mon) 22:51 No.1292 <HOME>

Google Earth・マップで軍艦島の衛星写真が高解像度で見られるようになっています。
http://qrl.jp/?223915
(QRコード経由でGoogleマップの軍艦島にリンク)

中ノ島・高島・伊王島も高解像度化しています。
ただし、池島はほんの一部だけという半端な状態。崎戸島はまだですね。隣の大島はほぼ高解像度化されていますが。

Re: Google Earth・マップで軍艦島が高解像度に 管理人 - 2006/07/25(Tue) 09:56 No.1301

▼tksさんへ

お久しぶりです!
Google Earthの情報をありがとうございます。m(_ _)m

既にネット上ではかなりの方が軍艦島の画像をアップされているので、
それらを見てはいましたが、
今回は具体的にいろいろと見てみました。

画質が凄く鮮明な印象ですね。

ただ、国土交通省の空中写真同様、
端島は画角が斜めからなのが残念です。
また利用規約も、国土交通省のに比べると、
かなり厳しいんではないかと思いましたが、
ともあれ池島や崎戸等を早くアップして欲しいとは思います。

画像は「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より引用した端島の空中写真です。
撮影年は昭和49年、つまり端島が閉山した年とありますが、
その割には、二坑の櫓やオリバーフィルター室など、
かなり施設がなくなっている印象です。
 

 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42]


- Joyful Note -