[留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
鉱業所への立ち入り 投稿者:kakita  投稿日:2006/06/09(Fri) 20:22 No.871

お久しぶりです。掲示板、ほぼ毎日覗かせていただいております。
操業時の写真をみると、二坑の櫓の下とかを体操服姿で走っているシーンもありますが、体育の時間は、鉱業所にも入ってよかったんですか?との件、当方がまだ小学生だったころの状況から想像すると、高島炭坑の鉱業所敷地内を行き来するのに咎めたてされた記憶がありません。蛎瀬進発所のケージ巻き上げ棟でモーターがうなりを上げ、ロープドラムが廻る様子を覗いたこともありましたし、進発所内でもうろちょろした記憶もあり、双子の事業所では真っ赤に焼けた鉄材をアーチ型に成型する様子を間近に見ながら発電所やポンプ棟をすり抜けるように南部防波堤へ釣りや磯遊びに行っていたものです。また、トロッコが行き来する線路に沿ってそれこそいろいろな施設や資材で一杯だったような空間を当り前のように通っていた記憶があります。今の時代と違って当時は端島もかなりおおらかだったのではないでしょうか。

Re: 鉱業所への立ち入り 管理人 - 2006/06/10(Sat) 01:43 No.873

▼kakitaさんへ

おひさしぶりです。
いつも掲示板をご覧になって頂いてありがとうございます。
鉱業所と住宅地域との境界線は、かなりおおらかだったんですね!
端島も高島と同じだったら、きっと体育の時に限らず、
鉱業所へは結構いけたのかもしれないなと思いました。

それにしても捲から聞こえるモーターのうなり声、
仕上工場の溶接の音、
発電所の(たぶん)重低音、
そして炭車が軌道を走る乾いた響き、
そんな和音をお聞きになりながら幼少時代を過ごされたとは、
なんと羨ましい!と思いました。
 



非常用非難通路設置予定箇所(?) 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/06/04(Sun) 11:15 No.852

お世話になっております。
先週の土日はバタバタしておりまして投稿が出来ず失礼致しました。
貼りました画像、H9年に撮ったものです。
端島小中学校校舎側面(65号に面したほう)にある何やら???なコンクリート構造物です。
丁度s36年5月に増築された7階部分に設置されていた非常用非難通路の下にあります。
もしかして6階建ての時(s33年1月〜s36年5月)に設置する予定だった隣の65号への非常用非難通路のコンクリート基礎ではないかと身勝手な想像をしました。
どう見ても何か架け渡しを予定しているようなコンクリート構造物ですし・・・。    おそまつでした。

Re: 非常用非難通路設置予定箇所(?) 管理人 - 2006/06/05(Mon) 03:04 No.855

▼用務員さんへ

確かに変な出っ張りがありますね!
用務員さんがおっしゃるように、当初ブリッジを作ろうとした痕跡でしょうか。
学校は島内でも数少ない独立した建物で、
65号棟も、山道以外の所は完全に独立した作りなので、
この両棟を繋げて行き来を楽にするのは、
けっこう夢だったんじゃないかと思います。
でも、結局昭和36年に設置されたブリッジも、
一時普段使いされるものの、後には非常用になってしまったと聞きます。
65号棟の9階に住んでいた中学生は、
さぞ常用できるブリッジが欲しかったんではないかと思います。
 

Re: 非常用非難通路設置予定箇所(?) 超問です。 - 2006/06/05(Mon) 21:23 No.857 <HOME>

島に住んでいた人間にとって恥ずかしい事??ですが、非常用通路が普段に使われていた時期が有った事を知りませんでした。
65号棟の9階から、学校の7階まで通う中学生は本当に大変だったと思います。
また、65号棟の9階に住んでいなくても、中学3年生は毎日7階まで上がらないといけないし、、体育がグランドであった日は、7階とグランドの往復も加わります。

いい運動だったようです???。

Re: 非常用非難通路設置予定箇所(?) 管理人 - 2006/06/06(Tue) 01:23 No.858

▼超問さんへ

65号棟と学校の非常用通路を一時期常用していたお話は、
確かdoutokuさんから伺ったような記憶がありますが、
定かでないのでもう一度確認してみます。
ただほんの一時期で、すぐに使用禁止になったとも伺った記憶があります。

7階とグランドの往復は、
けっこうきつい訓練ですね(笑
地獄段もいい運動コースだったと聞きます。
また操業時の写真をみると、
二坑の櫓の下とかを体操服で走っているシーンもありますが、
体育の時間は、鉱業所にも入ってよかったんですか?
 

Re: 非常用非難通路設置予定箇所(?) 超問です。 - 2006/06/06(Tue) 21:03 No.861 <HOME>

二坑の櫓の下とかを体操服で走っているシーンの件ですが、
思い浮かぶのは、第四立坑櫓近くに有った石炭積込桟橋の陸上側下の空間を走る光景です。
昔の事はさておき、閉山時には、65号棟から桟橋まで移動するための通路は、山道以外にも、石炭積込桟橋の陸上側下の空間を通る路が有りました。その路を走る光景だと思います。

その場所、鉱業所敷地とも言えますし、通路とも言えます。
何しろ、狭かった島なので、完全な分離が出来なかったと思います。

6/7追加記載 走るのは、体育の時に限らず、クラブ活動の時等も考えられます。

Re: 非常用非難通路設置予定箇所(?) 管理人 - 2006/06/07(Wed) 00:16 No.862

▼超問さんへ

貴重なお話をありがとうございます。
鉱業所の堤防沿いに、学校方面へ通じる一般通路があった話は聞いた事がありますが、
問題の写真は、櫓の足とその付近の炭車の軌道等が写っている中を、
体操服の女子4人位が走っているものでしたので、
狭い島のことだから、運動の際は鉱業所への出入りも許されたのかな?という思いで見た記憶があります。
恐らくネット上だと思いますが、こちらも再度確認してみます。

ところで、鉱業所の堤防沿いにあった一般通路ですが、
新旧の積込桟橋近辺には、掘り込みというか、コンクリで固められた人の通れる溝がありますが、
新桟橋を越えたあたりから溝がなくなっているように記憶してますので、
新桟橋付近から学校の横までは、どういうコースを通っていたのか、常々疑問に思っていました。
もしご存知でしたら、教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。
 

Re: 非常用非難通路設置予定箇所(?) 超問です。 - 2006/06/07(Wed) 21:42 No.864 <HOME>

65号棟からのスタートで説明させて下さい。記憶違いも有るかと思いますので、その際はご容赦願います。また、時代によっても相違があるようです。

65号棟の体育館付近に有った出入口から出て、体育館の下を通り、体育館を過ぎたところで、右に90度曲がります。暫くまっすぐ行き、貴HPの鉱業地域MAPにも記載されている清水タンクの少し先から左斜めに進み、新旧の積込桟橋近辺の掘り込み?に通じます。

乱暴な説明ですが、このような説明でお許し下さい。また、記憶違い等も有りますので、あくまでも一情報(一誤報?)としてお読み願います。

Re: 非常用非難通路設置予定箇所(?) 管理人 - 2006/06/08(Thu) 23:18 No.866

▼超問さんへ

貴重なお話をありがとうございます。
そうだったんですね!
資材倉庫が堤防に完全に密着しているので、
そのあたりはどう通っていたのかと思っていましたが、
清水タンクの近辺から体育館へと繋がっていたのですね。
清水タンクの鉱業所側を囲う斜めに切られたコンクリの壁の意味も、これでわかりました。
ありがとうございますm(_ _)m
 



端島小中学校プラネタリウム 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/05/21(Sun) 17:06 No.783

お世話になっております。
H7年に撮った写真です。
端島小中学校校舎の廊下天井に作られていた手造りプラネタリウムです。まだこの頃は少しは面影を残していました。
子供たちは楽しそうにこのプラネタリウムを見て星座の勉強をしていたのでしょうね。  おそまつでした。

Re: 端島小中学校プラネタリウム 端島支所下っぱ用務員 - 2006/05/21(Sun) 17:10 No.784

そして下にあるプラネタリウム操作盤です。
まだ書かれてた文字も何とか読めました。
このスイッチを切ったり入れたりしながら子供達がプラネタリウムを首をあげて見ていた様子がなんか浮かんできます。
おそまつでした。

Re: 端島小中学校プラネタリウム 管理人 - 2006/05/22(Mon) 23:38 No.799

▼用務員さんへ

今回は点灯式天体図の貴重なお写真、
ありがとうございますm(_ _)m

まだ青い空が残っている時代ですね!
これは小学生にとっては楽しいものだったんではないかと思います。

ところでこの天体図を以前オープロジェクトのサイトにアップしようと思った時に少し調べてみましたが、
プラネタリウムというのは、
街にあるドーム型のプラネタリウムの中にある、
あの黒くてゴツい星を投影する機械の事らしく、
またその延長で、星の動きが投影される施設もプラネタリウムというそうです。
この学校の装置は、さすがに星の運行まではだせなかったんではないかと思い、
いわゆる「点灯式天体図」的なものなんではないかと思ったんですが、
いかがでしょうか?

学校の施設なので、
恐らく先生がプラネタリウムでない事はご存知で、
なにか別の名称で呼んでいたのではないかと、
そんな事を想像したものの、そのままにしてしまっていました。
 

Re: 端島小中学校プラネタリウム 端島支所下っぱ用務員 - 2006/06/04(Sun) 11:22 No.853

お世話になっております。
確かにプラネタリウムと呼ぶには一寸・・ですね(笑)
さしずめ「豆電球式星座表示盤」でしょうかね。
でも何かこう手造りの暖かみのあるいい教材ですね。
                   おそまつでした。



軍艦島写真展 投稿者:doutoku  投稿日:2006/06/01(Thu) 08:37 No.844

下記のように写真展が開かれます
軍艦島クルーズで縁ができた方です
私は直接には知らないのですが
ぜひ見てみてください。 doutoku

「軍艦島」写真展
佐藤雄治写真展『軍艦島』
2006/6/12[月]〜6/24[土]



6月12日(月)から6月24日(土)まで
ギャラリーバー「nagune」にて作品展。

軍艦島シリーズを
リプリントや未発表のネガプリントを交えて展示をいたします。

ギャラリーバー「nagune」
http://nagune.jp/

【OPEN】19時深夜
【定休日】日曜休(祭日は営業)
新宿花園ゴールデン街
新宿区歌舞伎町1-1-5
TEL 03-3209-8852
メール mail@nagune.jp

Re: 軍艦島写真展 管理人 - 2006/06/01(Thu) 15:01 No.846

▼doutokuさんへ

写真展のご連絡、ありがとうございます。
近くなので、会期中に行ってみようと思います。
 



★お知らせ★ 投稿者:管理人  投稿日:2006/05/23(Tue) 23:31 No.810

GALLERYの 'SOUND TRACK' に収録していた、
8曲目 'HASHIMA ANTHEM (afterglow mix)' を、
軍艦島DVD日活版のオープニングを飾る、
'HASHIMA ANTHEM (chillout mix)'に変更しました。

拝聴させて頂きました。 FORZA - 2006/05/24(Wed) 01:45 No.812

管理人様、わざわざご連絡戴きありがとうございます。
早速拝聴させて頂きました。
イントロ(?)の「鼓動」を聴いた時は、ゾクゾクしました。
まさに「そうそう、これこれ!!」という感じです。
日活版を初めて観た時、この曲を聴いて、
『軍艦島』の不思議な魅力に引き込まれていきました。
ある意味、この曲が私を「軍艦島ファン」にしたと言っても、
過言ではないと思います。

余談ですが、「軍艦島模型」をオーダーして少し経ったので、
「〜世界遺産にする界」の会長さんにお尋ねしましたら、
業者が生産に向けてスタートし始めたとの事でした。
販売用ではないようなのですが、
250/1の模型の制作をされていたそうです。
2000/1模型の方は、もしかすると
20000円を切るかもしれないとの事でした。
28000円をどう捻出するか、策を考えていましたので、
嬉しい知らせとなりました。

話は逸れますが、「廃墟」ってどうしてこうも人の心を惹きつけるんでしょう?
廃墟と生い茂る緑、あるいは夕日に染まる廃墟…
何れも「画になる」んですよね。
ちなみに添付写真は、私が以前住んでいた町にある廃アパートです。
私が8歳〜9歳の頃には、既に廃墟となっていたので、
30年以上経っている事になります。
外見から察すると、部屋は一部屋でトイレは共同のように見えます。
風呂付ではないようです。
嘗て、このアパートから少し行ったところに銭湯があったので、
住人は、そこを使っていたんじゃないかと思います。
たぶん、何処かの会社の独身寮みたいな
ものだったのではないか、と推測しています。
階段の脇に転がって(?)いる巨大な瓶のような物も、
当時からあったようです。

Re: ★お知らせ★ 管理人 - 2006/05/24(Wed) 13:39 No.814

▼FORZAさんへ

本当に遅くなりまたm(_ _);m

PCの不調に音源データの消滅が重なって、
結局鼓動の音は以前使用していた音が見つからず、
しょうがなく別のものとにさしかえました。
聞き比べると、だいぶ重いサウンドになっているかと思いますが、
鼓動感は増したのではと思い仕上げました(汗

1/250の軍艦島ということは、
先日完成した大波止の模型のことですね。
高島の石炭史料館前の模型より精巧にできている
と話には聞きましたが、まだ見ていません。(^^;

そうですか、値段も安くなりそうですか。
すこしでも購入してくれる人が増えるといいと思います。

確かに廃墟の魅力は一言では語り尽くせませんね!

この廃アパートは、かなりネンキが入ってますね〜。
特に階段横の巨大な瓶のようなもの
というのが気になります。
全貌がわかりませんが、階段と比べると相当大きそうです。
でも「瓶」と表現されているので、
たぶん瓶状のものなのかと思いますが、
奇妙ですね。
 

ナゾの壷(?) FORZA - 2006/05/26(Fri) 00:16 No.827

管理人様、コンバンハ。
曲のアップににお手間を取らせてしまったようでスミマセン(汗)
エコーのかかった「鼓動」が、この曲の魅力だと思います。
どこか哀愁を感じさせるサックスも素敵ですね。
軍艦島の持つ「不思議な魅力」をより強く感じさせてくれます。

「軍艦島模型」出来上がって手元に届くのが待ち遠しいです(^^)
購入すれば、「〜世界遺産にする会」の運営資金等に当てられます。
と言う事は、軍艦島の為に、ちょっとはお役に立てるかな?
なんて思っています。

サテ、自分で写真を撮っていながら、何となく気になったので、
時間を作って愛車をかっ飛ばして、
例のナゾ(?)の瓶(と言うよりは壷でしょうか?)を
写真に収めて参りました(^^;
よくよく見ると、何かのタンクのようです。
部屋も一部屋ではなく、二部屋のようです。
外側から見ると、室内には畳が無く、かなり荒れています。

私は子供の頃から、洞窟や防空壕のような
「ほら穴系(?)」が好きで、見付けると無性に入りたくなるんですョ(笑)
勿論、廃墟も見つけたら入りたくなります(^^ゞ
最も迂闊に入ったら、厄介な事になる可能性がありますから、
最近は、可能な限り近付いて鑑賞(?)する事が多くなりました。
(20代前半ぐらいは、潜入可能だったら潜入してましたが…)

余談ですが、このアパートの近辺には、
防空壕の跡が幾つかありました。
子供の頃、入った事がある場所もあります。
「こんな僻地にまで米機が飛んで来たの?」と思うような、
町外れの更に端なんですけどね。
ちなみに、この廃アパートのすぐ傍には、
中島飛行機が部品を作っていたと言われている
かなり規模の大きい旧日本軍の某地下壕がありますが、
残念ながら現在穴は全てコンクリで塞がれていて、
山の北側からは、入る事が出来ません。
その昔は、見学料を払って入れたんですけどね。
特撮のロケにも使われていました。
案内のおじさんについて行って見て回るんですけど、
何所をどう歩いているのか、サッパリでした(^^ゞ
現在は、山の反対側(南側)に見学コースを設けているそうです。

Re: ★お知らせ★ 管理人 - 2006/05/26(Fri) 12:32 No.829

▼FORZAさんへ

曲のデータ復活は、どのみちしておかなくてはならなかったので、
ちょうどいいきっかけを頂いたと思っています(^.^

謎の瓶(のような物)の正体が、徐々に明らかになってきますね(笑
この感じからすると、アパートのための貯水タンクではないでしょうか。
左に写る草むらの土手に設置されていたモノが、
自然に土砂崩れで右に傾いたのか、
あるいは廃墟になってから誰かが押し倒したのか、
そんな感じに見えます。
そうですか、あの飛行機製造の地下壕の近くですか!

ところでこの地下壕、
昔は有料一般公開していたんですね。
知りませんでした。
 

ナゾの壷&某地下壕 FORZA - 2006/05/28(Sun) 18:48 No.837

管理人様、コンニチハ。
そう言われてみれば、「貯水タンク」の可能性もアリですね。
@ナゾの壷(?)
位置関係からすると、元は別の場所にあったんじゃないかと思います。
で、アパートの脇に移動して、中途半端なところに置いたので、
その重さで地面が崩れて壁にぶつかったのではないか、
と考えています。
ちなみにこのタンク(?)のすぐ上には、
舗装されてはいませんが、軽自動車1台ぐらいが
やっと通れるぐらいの道があります。

サテ、サスガ管理人様、中島飛行機+某地下壕で、
何所なのかすぐに分ったご様子(笑)
早速写真に収めてまいりました。
ここには嘗て緑色の扉が付いていました。
この手前に二つの穴があり、真ん中の穴は鉄格子(?)が付けられていました。
残る一つの穴が、見学コースの出入り口になっていましたが、
崩されてしまったのか、完全に潰れてしまっていて、
なおかつ草木が生い茂っており、
何所だったのかすら分らない状況でした。
その穴の脇に、案内のおじさんがいた小屋があったのですが、
完全に倒壊して、ほぼ100%自然に還っていました。

戦後、中島飛行機に関するものは、
GHQに一通り持っていかれてしまい、
当時のものは何も残っていないようです。
ただ、見学コースに唯一、削岩機の先端に付ける金属棒が、
転がっているのを案内のおじさんに教えてもらいました。
たぶん、その時だったと思いましたが、
ダイナマイトを仕込んだ穴を見る事も出来ました。

この地下壕が一般公開されていた頃は、
冷気を利用してマッシュルームの栽培を行なっており、
見学ついでに買って帰る事も出来ました。
後年は中で土偶のレプリカを作る人もいました。
時代は、だいぶ後なのですが、
ワインクーラーが作られた事がありました。
が、しかし、京☆線のガードを潜ると、
夜間は全く人気がなくなる為、
たった一晩で全部持っていかれたそうです(^^;

オマケです。 FORZA - 2006/05/28(Sun) 18:54 No.838

地下壕付近に放置された軽トラです。
以前は上の写真のすぐ横に置いてあったのですが、
今回散策しましたら、何時の間にか移動してありました。
封鎖される頃に置いてあったものです。
当時から既に廃車だったので、
物置代わりに置いたものなのかもしれません。

オマケのオマケです。 FORZA - 2006/05/28(Sun) 19:03 No.839

軽トラの車内です。
ドアが無理やりこじ開けらて180度転回しちゃってます。
シートからは、木が生えちゃってますね。
「人が作りし物」と自然との融合、
こうして土に還っていくんですね…

そういえば、軍艦島唯一の自動車だった
三輪トラックがありましたが、残っていませんでしたか?

Re: ★お知らせ★ 管理人 - 2006/05/29(Mon) 03:48 No.840

▼FORZAさんへ

謎のタンクと廃アパート、そして巨大地下壕と、
話題はオープロジェクトのメインサイトのBBSでお話しさせて頂いてもいい内容になてきましたね!

特にこの地下壕は、
いろいろな意味で戦争の究極の形を今に伝える場所だと思うので、
是非とも保存されればいいと思っています。
ところで栽培されていたマッシュルームっていうのは、
食べられるマッシュルームだったのですね!
てっきり闇にまぎれて製造されていた、
御法度のマッシュルームかと思ってました(^^;
ワインクーラーにもなっていたんですね。
ブルーチーズなんかは作れないんでしょうかね(笑

軽トラは、かなりキテますね。
殆ど自然の一部になっているように見えます。

端島の唯一の三輪トラックは、
見た事がありません。
見たのは映画の撮影で使われたバイクの燃えかすだけですね。
炭車のタイヤはよく見かけました。
 

某地下壕 FORZA - 2006/05/29(Mon) 18:41 No.841

何だかこちらの趣旨と離れてしまってスイマセン(汗)
「ご法度のマッシュルームって?」っと思ったので、
ちょっと調べましたら、「マジックマッシュルーム」の事でしょうか?

サテ、某地下壕の保存会に、やっと連絡を入れ、
近日見学させて頂く事になりました(^^)
基本的には団体のみという事でしたが、
団体さんのオマケ(?)として見学する事になります。
この地下壕が封鎖された理由は、
老朽化は勿論だと思いますが、
いったい何所に眠っていたのか、
大量のダイナマイトが発見され、
自衛隊が出動し、撤去作業を行い、
同作業中を境に全面封鎖されたとの事でした。
何しろ規模が半端じゃないですから、
ダイナマイトの存在は、GHQも気付かなかったんでしょうかね?

余談ですが、この地下壕の山の反対側には、
住宅地が広がっているのですが、
噂によると、足元に網の目のように地下壕が張り巡らされている為、
土地が安いのだそうです(^^;
あくまでも「噂」ですので、真相は定かではありませんが…(汗々)

端島のトラックは見当たりませんでしたか。
車載出来る船で持って行っちゃったんでしょうか?
バイクの燃えカスは、他のサイトで見かけました。

廃墟と地下壕、地上と地下の違いこそあれ、
あの独特の雰囲気は、廃墟のそれと似たものがあると思います。

Re: ★お知らせ★ 管理人 - 2006/05/30(Tue) 15:28 No.842

▼FORZAさんへ

そうです、マジック〜です(汗

地下壕を見学に行かれるそうですが、
あの、月に一度くらいやっているやつですね!
ダイナマイトはテレビ局の取材の時の発見とききます。
さぞびっくりしたと思います。
かつて行く事ができた深部は、今では行かれないとも聞きます。

確かにあれだけの規模と本数の地下トンネルが残っていたら、
いつ落盤するかわからない恐怖があるのではないかと思います。
事実大谷採石場の大落盤や、
横浜郊外での、軍時代の地下壕が突然落盤など、
地下トンネルにまつわる落盤は少なからずありますから。

地下壕と廃墟、十分共通性があると思います。
 



13号教員住宅岩盤ギリギリの画像 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/05/14(Sun) 16:34 No.553

お世話になっております。
有名な13号教員住宅岩盤ギリギリに建てている画像です。
H10年に撮ったものです。
しかしほんっと岩盤の岩ギリギリまで建物を寄せてよく造ったものだと感心します。
表層モルタルがついに塗りこめず一部コンクリート地肌が剥き出しになってます。
少しでも貴重な平地を有効的に使うためにギリギリまで切詰めて建物を建てる端島独特の建築手法がよく現されているものと思います。 おそまつでした。

Re: 13号教員住宅岩盤ギリギリの画像 端島支所下っぱ用務員 - 2006/05/14(Sun) 16:36 No.554

表層モルタルが狭くて乗り込めずコンクリート地肌が剥き出しになってる箇所の画像です。

Re: 13号教員住宅岩盤ギリギリの画像 管理人 - 2006/05/15(Mon) 18:38 No.574

▼用務員さんへ

いつも週末の貴重な写真のアップをありがとうございます!

ギリギリですね。
これでは確かに塗れませんね。

ところで当初からこの岩礁ギリギリに設計したのかが気になります。
13号棟は公営の教員住宅なので、
鉱員住宅や職員住宅と一緒にするわけにはいかなかったと思いますが、
ちどり荘の場所にRC造のしっかりした建物を建てるなの予定はなかったんでしょうか?
そもそもちどり荘はいつ建てられた建物なのでしょうか?

端島の他の建物の不思議に思える部分、
がそれぞれちゃんと理由があるように、
このギリギリの建設にも、なにか訳がありそうですね。
 

Re: 13号教員住宅岩盤ギリギリの画像 端島支所下っぱ用務員 - 2006/05/21(Sun) 16:47 No.782

お世話になっております。
学校グラウンド隅にある教員住宅ちどり荘ですが、S32年3月31日付端島小中学校(木造)の写真を見ればまだちどり荘は見当たりません。(ちどり荘の在ったところには木造校舎の建っていた範囲のようです)
そして翌日、4月1日、火災に遭い全焼。
S33年に撮られた写真を見ますと白亜の小中学校校舎(まだ6階建て)と、端島病院本館が建っており隔離病棟はまだ建設中でした。
その時点でもうちどり荘は建っていますのでS32年後半〜S33年前半頃に建てられたのではないかと憶測しているところです。  おそまつでした。

Re: 13号教員住宅岩盤ギリギリの画像 管理人 - 2006/05/22(Mon) 23:24 No.798

▼用務員さんへ

昭和32年〜33年の間に建てられたとなると、
約50年前になりますね!
台風の直撃を受けながら、よくもっていると驚きです。
木造モルタルの強さを知りました!
 



お久しぶりです。 投稿者:michiko  投稿日:2006/05/10(Wed) 23:18 No.493

来週にでも、八幡平にツーリングに行くことにしました。
松尾鉱山跡を、遠くからでも眺めてこようと思います。
まだ上の方は雪が残っているでしょうから、時期的には早いかな。。

Re: お久しぶりです。 管理人 - 2006/05/11(Thu) 04:15 No.495

おひさしぶりです!
来週八幡平へ行かれるのですね。
そうですか、まだ雪が残ってるんですか・・・
雲上の楽園、
晴れるといいですね!
お気をつけてー。
 

Re: お久しぶりです。 Oproject Nishida - 2006/05/11(Thu) 12:56 No.504

こんにちは!
OprojectのNishidaといいます。
今年は東北の山はどこも雪の量が多いです。
もっとも八幡平は例年雪の壁が見られる
スポットとして有名ですが、今年はいっそう
雄大な壁が見られるんではないでしょうか。
(とはいえ結構解け始めてるかもしれませんが)

下の写真は2年前の5月に撮った松尾鉱山です。
周辺にもまだちらほら雪が残っていました。
もし時間に余裕があるなら、少し足を伸ばして
尾去沢鉱山もご覧になってはどうでしょうか。
是非、戻ってきたらレポートお願いしますね。
それでは、いってらっしゃーい。

Re: お久しぶりです。 michiko - 2006/05/13(Sat) 23:14 No.536

はい。気温が上がる予報が出ているので、来週の18、19辺りにでも。
天気予報によっては延期します。
昔、5月に八幡平山頂付近で天気が荒れ、バイクで身動きが取れず凍死の恐怖に襲われたことがあります。。
山の天気は恐ろしいですね。
八幡平ユースの前の建物に、松尾鉱山の当時の写真が飾られていますが、こんなに多くの人が住んでいたなんて信じられないですね・・。
>Oproject Nishidaさん、写真の場所が見える辺りまでは普通に入れますか?
5月でも新緑が見れるといいのですが。
後ほど報告します。

Re: お久しぶりです。 michiko - 2006/05/21(Sun) 02:27 No.773

行って来ました〜〜。
まさに写真の通りでした。
圧巻でした。
歴史を感じながらしばらく見つめていました。
まさかこんなに近くにあったとは。。
アスピーテラインからも見えていたのですね。

Re: お久しぶりです。 管理人 - 2006/05/22(Mon) 23:21 No.797

お疲れさまです!
よかったみたいですね!
廃墟は実際にみると、たいがい画像より迫力があるので、
やっぱり生で見た方がいいですね。



感動・・・ 投稿者:五月雨ショウ  投稿日:2006/05/19(Fri) 23:11 No.739

ただ今19歳の女です。
軍艦島に興味を持ったのは、中3ぐらいでしょうか。
軽い気持ちで廃墟を検索していると、軍艦島の画像と出会いました。
壊れた建物が、なぜこれほどにも美しく感じるのか。
私にはわかりませんでした。
数日間は軍艦島の虜になっていましたよ。(笑)
久しぶりに軍艦島に会いたく、たまたまこちらのHPに来ました。
あの時の感動は全然薄れていませんでした!
ここのすばらしい画像を見て泣きそうになりました…。(笑)
私もいつか行ってみたいと心に決めていましたが、
軍艦島は入島禁止ではありませんか……!?
ショックでした………。
せめて、こちらの画像を見て癒されたいと思います。(笑)
軍艦島に行った時の体験話なども聞きたいです!
軍艦島がずっとあのままで残っていてほしいものです。

Re: 感動・・・ 管理人 - 2006/05/20(Sat) 00:16 No.744

サイトをご覧になって頂き、ありがとうございます!

早く上陸できるようになればいいなと、いつも思っています。
実際の端島は、画像より遙かに素晴らしいですから。

拙サイトでは体験談的な事はなにも載せていませんが、
思えばいつも撮影に追われて、
じっくり端島を味わったことがないなと思いました。

一度泊まった事がありますが、
時間が経つにつれてあたりの空気が冷え込んでくると、
どこからともなくドサ〜ンという音が聞こえてきます。
恐らく収縮に耐えられなくなったコンクリの固まりが、
天井などから落ちて建物の中で響いている音だと思いますが、
あの遠くから反響して聞こえる音は、今でも忘れません。

画像は殆ど闇夜が迫った学校の校舎です。
 

羨ましい〜! 五月雨ショウ - 2006/05/20(Sat) 00:27 No.746

泊まったことあるんですか!?すごいですね!
深緑と重々しいコンクリートに囲まれた軍艦島の夜の顔を見ることができたなんて、とても羨ましいです。(笑)
私はこうやって画像を見るたびに、自分がそこに立ちつくす姿を想像します。
それと同時に、本当にそこに立てないことを悔しく思います…。
結構軍艦島のことは調べましたね。
なんとかして行けないものかと………。(笑)
初めて軍艦島に立った時のことを覚えていますか?

Re: 感動・・・ 管理人 - 2006/05/20(Sat) 01:54 No.751

深緑と重々しいコンクリートに囲まれていても、
夜は(特に曇っていると)なにも見えませんでした(涙
撮影もできず、ただ話していたので、
恐らく端島の中にいて、一番焦ってない時だったかもしれないと思います。(笑

最初に端島に立ったときの事……
学校の近くから上陸したので、最初に見たのは学校と報国寮でした。
「うわぁ、でけ〜っ!」っていう感じだったかと思います。
それよりも、最初に船から見た時の事の方が、
鮮明に覚えているかもしれません。
巨大なコンクリの塊がだんだん近づいてくるのは、
ただただ、無言ですね。

端島の事は、もういつだったか忘れた頃から知っていて、
学生時代とか、社会人になってからも、
長崎出身の人に会うたびに、
渡し船知っているよ、と言われていたのですが、
当時は<錆びた鉄>が少ない軍艦島にはあまり興味がなく、
今思えば、相当チャンスを台無しにしてきたなと思います。(笑



端島病院病室のベッド 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/04/30(Sun) 15:14 No.322

お世話になっております。
H9年に写した写真です。
端島病院本館3階の個室病室の写真です。
木製ベッドの畳敷きでベッドが苦手な人も寝心地良かったのではないでしょうか。下に引き出しが付いててなかなか機能的ですね。古い氷式の木製冷蔵庫がありました。本当に閉山時(S49年)まで使ってたんでしょうか?? おそまつでした。

Re: 端島病院病室のベッド 端島支所下っぱ用務員 - 2006/04/30(Sun) 15:18 No.323

こちらは隔離病棟の病室です。
病院本館の病室ベッドは木製でしたが隔離病棟病室のベッドは全て鉄製でした。何か理由があるんでしょうかね?? おそまつでした。

Re: 端島病院病室のベッド 管理人 - 2006/05/01(Mon) 05:32 No.333

▼用務員さんへ

今週もまたまた貴重な写真をありがとうございます。
木製ベッドの横に写る冷蔵庫は、
典型的な氷冷蔵庫の形をしたものですね。

確かに海に近い隔離病棟のベッドが鉄製で、
内陸の病院のベッドが木製というのは不思議ですね。
隔離病棟の方は殆ど崩れているので、
あまり確かな記憶ではありませんが、
隔離病棟も床は畳でしたよね?

それにしても用務員さんは特に病院のことを沢山アップされているので、
特に病院に思い入れがあるのかと思いましたが、
いかがでしょうか?

ところで病院に地下室があるという噂を耳にしましたが、
用務員さんはなにかご存じでしょうか?
 

Re: 端島病院病室のベッド 端島支所下っぱ用務員 - 2006/05/04(Thu) 16:32 No.366

お恥ずかしい限りです。
仕事柄(医薬品卸)病院医院診療所等に伺う事が多いのでおのずと病院建築等関係に興味が出始めましてそれで端島病院の建物を詳しく見ている次第です。
病院という特殊な建物上、細部にわたり病院独特の建築手法工法がありますので時代時代によって大きく変化しています。S33年と早い時期による鉄筋コンクリート造の端島病院は興味を引くところです。
現在でもS30年代初期に建てられたRC造による病院建築は使われていると思いますが多くは改良改築されていて建設当初の姿を留めているのはもう少ないと思います。
端島病院は閉山時(s49年)当時の姿のままで残っているので(もうだいぶ崩れてはいますが・・)大変貴重な病院建築と思います。
ところで端島病院に地下室があるとの事ですがおっしゃる通り確かに有ります。
病院本館正面玄関から入って真正面の部屋が薬局になっておりまして左の部屋が薬品保管室室になっております。
その部屋に下に下る階段があり3畳程の地下薬品保管室になっています。実測調査資料集487頁の病院平面図を見ていただくとお分かりになると思います。

Re: 端島病院病室のベッド 管理人 - 2006/05/05(Fri) 17:38 No.386

▼用務員さんへ

そうだったんですね!よくわかりました。
病院建築のことはまったくわかりませんので、
病院の建築設計が特殊なことも初めて知りました。
ありがとうございますm(_ _)m

ところで端島病院の地下室ですが、
この存在って結構知られた話なのでしょうか?
実際に見たことありませんし、
実測調査資料集の図面をみただけではわかりませんでした。
あの書き方でちゃんと地下への階段とわかるのでしょうか?例えば2階へ通じる中階段があったとして、
その場合の階段とは書き方が異なるのでしょうか?

それはともかく、3畳程度の地下室ということですが、
なんでそんな小さな地下室を作ったのでしょうか。
島内の他の地下がある建物は、
建物の面積がほぼそのまま地下になっていますが、
これは建物の強度を増すためと実測調査資料集から知りました。
しかし3畳程度では基礎の代わりにはならない大きさなので、
たぶん純粋に地下室のためだけに作られたものだと思います。

実はこの地下室の話を伺った人から、
ここが霊安所だったとも聞きましたが、
それに関しては用務員さんはなにかご存じでしょうか?

さらに霊安所の話がでたので、ついでですが、
病院と隔離病棟に囲われた堤防側の一角が、
かつて霊安所があったところとも聞きます。
そこに今も残る小さな建物(添付画像)がそうかと思いましたが、
以前『想像と記憶』の掲示板でお尋ねしても、
どなたもご存じなかったみたいで、まだわからずじまいです。
この建物に関しても、用務員さんはなにかご存じでしょうか?
 

Re: 端島病院病室のベッド 端島支所下っぱ用務員 - 2006/05/07(Sun) 12:52 No.415

お世話になっております。
病院建築などと大きな事書きましたが用務員めは別に建築のプロとかではなく全くアマチュアなので単なるシロート目で見た判断のみです(恥)
さてさて端島病院薬局薬品保管地下室ですがこれはあまり知られていないのではないでしょうか。
実測調査資料集でも1階平面図では描かれておりますが(しかしその平面図の記載では上へあがるUPと描かれており大きな間違い。正しくは下へくだるDNと描かれていなくてはなりません。)説明文章には地下室の記載は全くありません。
この薬品保管地下室ですが考えられるのは地下のほうが温度もヒンヤリしていて医薬品によっては冷暗所(外気温より低く外光の当たらない暗いところ)保管と表記されているものも有ります。血液製剤、点滴等の薬剤は冷蔵冷凍庫に保管しますがそれ以外の冷暗所保管の表記がある医薬品等を、この地下保管室に入れていたものと思います。実際地下保管室のなかに入ってみると棚に注射アンプルが大量に置かれていました。ちなみにこの薬品保管室は廊下側と薬局室内側の2箇所あるんですが両方とも頑丈な鉄製扉で施錠機能も付いてるものでした。廊下側の鉄製扉は錆により開閉不可能状態で、薬局室内側の鉄製扉は開いた状態で錆び付いており中に入る事が出来ます。
さて霊安所の事ですがこの地下保管室が霊安室だったとのお聞きの事ですがこれはいささか飛躍しすぎの話かとおもいます。とても棺を担いで下れそうな階段じゃありませんし(結構傾斜のある階段でしかも幅が狭く人一人が通れるくらい)なにより霊安室は病院では必ず人目の少ない所に設置します。この地下室ですと正面玄関入って真正面の部屋になるのであまりにも目立ちすぎます(笑)
添付画像はH11年に撮ったものです。
これがいわゆる霊安室(霊安所)かと思われるものです。
写真を撮った頃にはもうありませんでしたがH2年か3年頃行った時はまだ木の観音開きの扉(木格子が組まれていていかにもって感じの扉でした)が朽ちてはいたものの付いていた記憶があります。写真を撮ってなかったのが残念でなりません。屋根も少し心持ではありますが付けたような形になっておりますし大きさも丁度、棺一つ分入るくらいですので。
でも確証はどこにもありません。
端島におられた方に伺った事はあるんですが今ひとつはっきりとしたお答えは見出しきれないというのが実際のところです。
管理人さんが貼られていた画像の構造物が霊安室の可能性も十二分ありますしこれからの調べる材料となるところです。
長々と書き連ねて失礼しました。おそまつでした。

Re: 端島病院病室のベッド 管理人 - 2006/05/08(Mon) 01:14 No.421

▼用務員さんへ

詳しい説明をたいへんありがとうございます!
そうですか、低温暗所保管の薬品類の保管庫だったのですね。
勉強になりました。
ただメンバーにまだ聞いていないので、
もしかしたら誰かがこの地下室へ行っているかもしれません。
私、Kurosawaは、殆ど鉱業所担当みたいなものなので(笑

また病院裏の霊安所は、こちらの建物の方だったのですね。
おぼろげな記憶ですが、
私がNo.386でアップした画像の建物の中には、
棚を設置した跡のようなものがあったのを思い出しました。
コンクリの四角い構造物の中に棚というと、
中ノ島の慰霊碑を思い出します。
用務員さんにアップして頂いたものが霊安所で、
その奥の少し大きい建物は、
もしかしたら納骨堂だったのかとも思いました。

また霊安所の手前の構造物も気になります。
添付画像の左に写るのが<霊安室>ですが、
右に写る煉瓦をコンクリで塗り固めた構造物です。
ご存じとは思いますが、
霊安室よりさらに少し小さいサイズのものです。
ただ独立して作られていて、更に煉瓦を使っているので、
それなりに意味のある構造物ではないかと思いましたが、
用務員さんはなにかご存じでしょうか?

それにしても、
いつもいつも貴重なお話をありがとうございます。
日給社宅の屋上の砲弾や霊安所など、
情報が確かでないものは本編には取り上げないようにしましたが、
次回更新の際には是非とも用務員さんに教えて頂いた事を中心に、
新たな情報を追加きればと思っていますので、
宜しくお願いいたします。
 

Re: 端島病院病室のベッド 端島支所下っぱ用務員 - 2006/05/08(Mon) 06:50 No.424

一つ情報がありました。
同じ画像を「想像と記憶」のほうへもカキコみしてお尋ねしてみたんですが「想像と記憶」管理人さんより情報を頂きました。そちらのほうをご確認下さい。
情報によりますと西日本新聞がS58年4月に計11回連載で軍艦島特集のなかで掲載されている原画集のなかに丁度霊安室あたりが写ってる写真があります。
用務員めもこの写真は何度か見た事あるんですがいささか気付きませんでした。
用務員めが言っている霊安室の手前の構造物、管理人さんがお尋ねのものですがこの写真ではハッキリと写っており、正面あたりに何と、クルス(十字架)の窓みたいなのが付いているのが見て取れます。あくまでも用務員めの勝手な飛躍しすぎる想像ですがこの手前のほうはキリスト教(長崎では主にカトリック)用の霊安室で、奥のほうが仏教用の霊安室だったのではないでしょうか?にしてもわざわざ分けて霊安室を造るというのも一寸??って感じもしますし・・。
うーん、謎は深まるばかりですね・・・。
話は変わりますがこの写真、何か人の形みたいなのがボーッと写りこんでいてあまり気持ちのいいものではありませんですね・・・。   おそまつでした。

Re: 端島病院病室のベッド 管理人 - 2006/05/09(Tue) 09:57 No.459

▼用務員さんへ

西日本新聞の軍艦島特集はだいぶ以前にみましたが、
病院裏の構造物にクルス(十字架)があることは見落としていました。
確かに十字架ですね!

高島には教会があるのに端島には教会がなく、
以前から端島にはクリスチャンの方はいらっしゃらなかったのかと思っていました。
神社の周囲の囲いに十字架状の彫り込みがあり、
以前『想像と記憶』の掲示板でお尋ねしたところ、
十字架ではなく「ほぞ」をデザイン化したものとのお答えを頂き、
それ以来端島と十字架の関係は忘れていましたが、
用務員さんのお話で、再び端島と十字架の関係が浮かび上がってきたように思います!

ところで西日本新聞に掲載されている写真は、
確かに人の形みたいのがボ〜ッと写っているようで、
いいかんじではありませんね。
 



新65号廊下の洗濯物干し竿架け金具 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/04/23(Sun) 07:59 No.236

お世話になっています。
H8年の写真です。
新65号の廊下(確か階段室のあたり)にある洗濯物干し竿架け金具です。
まだ竹の物干し竿が架かっていました。
冬場など天候の悪い日が続く為、ベランダに干す事が出来ない時に廊下に干してたようです。   おそまつでした。

Re: 新65号廊下の洗濯物干し竿架け金具 管理人 - 2006/04/23(Sun) 17:01 No.243

▼用務員さんへ

平成8年には、まだ竿が乗っかっていたのですね!
竿がのっかていると竿かけ金具というのがよくわかりますね。
新65号棟は鉄を使用した部分が多いですね。
例えば各部屋の入口も旧65号棟は木製なのに、
新65号棟は鉄製で、しかも引き戸という作りです。
だいぶ錆び付いてますが、
それでも他の建物の鉄部よりは綺麗に残っているのではないかと思います。

画像は新65号棟の玄関扉です。
 

 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42]


- Joyful Note -