[留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
端島小中学校6階図書室・司書室 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/04/23(Sun) 07:34 No.235

お世話になっております。
端島小中学校6階(講堂のある階)の図書室・司書室の写真です。
H9年4月に撮った写真です。
司書室貸出カウンターの窓口曲線がなかなかシャレてますね。           おそまつでした。

Re: 端島小中学校6階図書室・司書室 管理人 - 2006/04/23(Sun) 16:49 No.242

▼用務員さんへ

いつも貴重なお写真を投稿していただき、ありがとうございます。
もう今は、本は一冊もありませんが、
床や天井は他の教室に比べると綺麗に残っている場所ですね。
上の階なので風雨の影響を受けやすいのかと思いますが、
その割には学校の上階は綺麗に残っているところが多いと思います。

画像は図書室と講堂の間にある準備室に残る体操用具です。

訂正 2006.04.23:
図書室と講堂の間ではなく、講堂の舞台裏です。
 



始めまして。 投稿者:  投稿日:2006/04/14(Fri) 16:38 No.196

いつも、うっとりとしながら拝見させていただいています。
素晴らしいサイトですね。
運営されている方々に感謝します。

ところで、FORZAさんの 2006/02/28(Tue) 23:23 の書き込みにある、模型はどこから購入することができるのでしょうか?
検索してみたのですがヒットせず、見てみたい!欲しい!という気持ちがつのっております。

どなたか情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非お願いいたします。

Re: 始めまして。 管理人 - 2006/04/15(Sat) 03:10 No.198

▼令さんへ

いつもサイトをご覧になって頂きありがとうございます!

模型は<軍艦島を世界遺産にする会>へお問い合わせして頂くといいかと思います。
http://www.gunkanjima-wh.com/mokeinew.htm

遺産の会の公式サイトの問い合わせフォームからメイルすると、
応対してくれると思います。
http://www.gunkanjima-wh.com/

画像は学校の教室に残る端島の模型です。
 

令さんへ。 FORZA - 2006/04/21(Fri) 21:00 No.225

令さん、初めまして。
管理人さんのレスト重複致しますが、
『軍艦島を世界遺産にする会』で、販売されております。
型枠のみが、2800円、
島内をリアルに再現したものが28000円です。
今は亡き「昭和館」も、シッカリ再現されているそうですョ。
軍艦島への上陸は殆ど不可能ですので、
貴重な資料であると同時に、島内を様々な角度で見る事が出来るので、
私のお勧めの逸品です(^^)
ちなみに、私はリアルに再現された方の模型を
お願いしています。
「型枠」の約10倍という高価な品ですが…(^^ゞ
受注生産のようなので、何時頃完成するのか分りませんが、
今から楽しみに待っています。
令さんもご購入されては如何でしょうか?
また、前述のサイトでは、マウスパッドや携帯ストラップといった
ちょっと変わった「軍艦島グッズ」を購入出来ますョ(^-^)
また、野母崎町物産センターの一角にある
「軍艦島資料館」で売られていた「軍艦島Tシャツ」というものもありましたが、
最後の2着を私が買ってしまったので、
その後、再販されているか不明なのですが…(汗)
一応野母崎町物産センターの電話番号等が載っている
アドレスをお教えしておきますね。
http://www.jtb.co.jp/kokunai/Sight.aspx?bookid=A4901110&categorytype=4

Re: 始めまして。 管理人 - 2006/04/22(Sat) 05:37 No.227

▼FORZAさんへ

管理人より遙かに詳しく丁寧なコメントを、
ありがとうございますm(_ _)m

軍艦島資料館へも行かれたそうですね。
Tシャツを2枚も買われたそうで。
そうですか、最後の在庫っぽかったですか。

資料館の情報もありがとうごいざいますm(_ _)m
以前、この掲示板へ書き込みをして頂いた方から問い合わせを受けたので、
資料館の住所や電話が掲載されたサイトページを探したのですが見つからなかったので、
直接資料館へお尋ねしてしまいました。

頂いたコメントへのレスで申し訳けありませんが、
お約束のHashima Anthem (chillout mix) 〜生サックス・バージョンをミックスしましたので、
近々アップできると思います。
もう暫くお待ち下さい。
 

実は… FORZA - 2006/04/22(Sat) 22:25 No.232

ワタクシ、「軍艦島資料館」には、まだ行った事がないんですョ(汗)
一昨年の秋頃だったでしょうか、
「軍艦島資料館」の写真を見ていたところ、
たまたま「軍艦島Tシャツ」が写っていたんです。
で、長崎市に問い合わせ、野母崎町物産センターの電話番号を教えてもらい、
「軍艦島資料館」の電話番号を聞き、
後日電話しましたところ、着払いで販売して下さる
との事だったので、購入を申し込みました。
で、「あと二着しかない」との事だったので、
欲の深い私は、二着とも購入した…と言う訳でございます(^^ゞ
黒地に白で胸にはデザイン化された軍艦島が、
背中には筆文字っぽく大きく「軍艦島」と書いてあります。
こちら(↓)の写真の中に、写ってますョ。
http://www.gunkanjima-wh.com/siryoukann.htm
なかなかカッコイイので、私のお気に入りの一着になっています(^-^)
余談ですが、「軍艦島グッズ」をネットで探していましたら、
何と「軍艦島センベイ」なるものを見つけました(笑)

〜追伸〜

Hashima Anthem (chillout mix)の公開を心待ちにしております<m(__)m>

Re: 始めまして。 管理人 - 2006/04/23(Sun) 16:38 No.241

▼FORZAさんへ

そうでうか、Tシャツは通信購入されたのですか!
直接行かないと購入できないと思ってましたので。

「軍艦島せんべい」の中に入っているしおりは、
管理人Kurosawa@O-projectが作らせて頂いたものです。(汗
http://blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/6011805b56088d76bef5f6ffbe86e3b2
同包用に解説入り端島ポストカードも作らせて頂きましたが、
こちらはどうやら軍艦島資料館で販売されているようです。

軍艦島せんべいの地方からのご購入はこちらへ
http://www.nagasaki-ajijiman.com/05_syohin/kasi/76125/30.htm
 



学校横護岸補修工事 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/04/15(Sat) 17:05 No.204

お世話になっております。
H8年か9年の写真です。
学校横の護岸補修工事がされているところです。
H3年9月27日の大型台風19号で学校横をはじめ、昭和館横、31号前、南部プール付近の護岸が崩壊して翌年H4年始めに大掛かりな修復工事がなされました。
しかしその後学校横の護岸の一部が海側にずれてきているのが発見され、直ちに補修工事がされました。
丁度そのときの写真です。
一寸分かりずらいかもしれませんが学校校舎の丁度真横の護岸が海側に倒れ掛かっているのが見て取れると思います。
思うに護岸崩壊後の修復工事時に校庭側の校舎前面は埋め戻されましたが校舎裏側及び校舎下部基礎杭部分は埋め戻されず空洞のままにされたためこのような事になったのではないかと素人考えですが思いました。  おそまつでした。

Re: 学校横護岸補修工事 管理人 - 2006/04/16(Sun) 05:45 No.207

▼用務員さんへ

すべり跡の工事中の写真ですね!
結局修復後も基礎部分の下の方は埋められなかったので、
その結果また学校下の土が年々流出してしまっているのでしょうか。
それにしても学校下の空洞の病院側(添付画像)は漆黒の闇に包まれて、
どこまでも続いているように感じますね。
 



生活のにおい 投稿者:aiai  投稿日:2006/04/13(Thu) 22:30 No.192

洗練されたデザインのHPに思わず見入ってしまいました。
先日、友人の結婚式のために長崎に行って、ホテルにあった軍艦島クルーズのパンフを見たときに何か懐かしいものを感じました。
幼いときに見た廃墟のCM。
思えばあれが軍艦島だったのだろうと思います。
昔の人のいとなみが感じられるものに魅かれる性格なので、かつての喧騒が残るこの廃墟の島のことが知りたくていろんなHPを検索してみました。
もうすぐ100歳になる私の祖父は、戦前に仕事のために広島の原爆ドーム(産業奨励館)に出入りしていたそうで、
「あれは立派じゃった。そりゃーきれいな建物じゃったよ。今みたいになろうとは思わなんだのぅ」
と首を振り振り言っていました。
かつて軍艦島で青春時代を過ごした方々も同じ心境なのではないでしょうか?
活気があふれていたころの軍艦島を覗いてみたい気がします。

Re: 生活のにおい 管理人 - 2006/04/14(Fri) 03:41 No.194

▼aiaiさんへ

サイトをご覧になって頂き、ありがとうざいます。

人が沢山いて活気ある時代、
この島は自然とのかかわりを常に考えなければならなかった島ではないかと思います。
他の多くの場所と違って、
人が自然の中の一部だということを、
いつも痛烈に感じる場所だったのではないかと思います。
そして現在の端島も、
人と自然との関わりということについて、
沢山の事を教えてくれる場所だと思います。

広島産業奨励館と見た目は似ている部分もありますが、
原爆というあってはならない人為的破壊のモニュメントと、
この島の崩れてゆく姿を一緒に考えないようにしながら、
共に残していく必要があるのではないかと、
そんなことを思いました。

活気溢れる頃の端島の様子は、
拙サイトよりリンクさせて頂いている、
『想像と記憶(端島・軍艦島)』
http://www1.cncm.ne.jp/~m8512215/hasima/
をご覧になってはいかがでしょうか。
管理人さんの渾身の収集による、
操業時の貴重な写真が多数アップされています。

また書籍では
『軍艦島 失われた時を求めて』
http://www.gunkanjima-wh.com/syasin01.htm

『軍艦島 海上産業都市に住む』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400008495X/qid%3D1124261723/sr%3D1-1/ref%3Dsr%5F1%5F10%5F1/249-6555150-2988351
に、操業時の端島の姿が残されています。

画像は'81年にACのCMで流れた島内の体育館です。



軍艦島資料館 投稿者:negi  投稿日:2006/04/12(Wed) 17:02 No.186

軍艦島資料館なるものがあると聞き
行きたいのですが、
どんなに調べても詳しい情報が出てきません。
もしよかったらそこの住所、電話番号を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Re: 軍艦島資料館 管理人 - 2006/04/13(Thu) 11:49 No.188

▼negiさんへ

サイトをご覧になっていただきありがとうございます。

軍艦島資料館の情報です。

住所:長崎市野母町 568-1
電話:095-893-0950
地図:
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=32.35.23.238&el=129.45.51.152&la=1&sc=4&CE.x=251&CE.y=254
中央付近に野母崎文化センターと表示されていると思いますが。
その道を挟んで向かい側、野母崎物産センターの隣です。
入場無料で毎日開館しています。
もし資料館に人がいないようでしたら、
隣の物産センターを訪ねてみてください。

操業時の写真多数、島内にあった品、模型等が展示されています。
T-shirtsやポストカード、DVDの販売もしています。
是非行ってみてください。

館内の様子
http://www.gunkanjima-wh.com/siryoukann.htm

画像は館内に展示されている、パチンコ店のドル箱です。
 

Re: 軍艦島資料館 negi - 2006/04/13(Thu) 13:48 No.189

どうもありがとうございます。
助かりました。



51号居室内 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/04/09(Sun) 10:19 No.175

続いて51号居室内です。
51号も端島鉱員住居基本的間取り(?)に習って6畳1、4畳半1の造りです。S36年建設なのでもちろん水洗便所付きです。
この室内はまだ雨戸と室内ガラス戸が割れてなかったからでしょうか、わりときれいに残っていました。
ガラス戸の向こうが室内ベランダです。 おそまつでした。

Re: 51号居室内 管理人 - 2006/04/10(Mon) 13:40 No.181

▼用務員さんへ

今度は51号棟の室内ですね。
確かに51号棟の防潮機能は優れていたんではないかと思います。
他の海側の建物の室内が悉く壊れているのに比べて、
この51号棟では、柿田清英氏の写真集で知られる、
ポスターの貼られた襖が綺麗に残っていたりしますね。
おそらくどの部屋も雨戸を閉めて出られたのかと思いますが、
下の階になるほど損傷が激しいのは、
それだけうち寄せる風雨の回数が多かったのかと思います。
 



51号室内風造り込みベランダ 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/04/09(Sun) 08:55 No.174

日曜なもので元気付いてる下っ端用務員です(笑)
H8年9月撮影の写真です。
51号アパートの室内風に造り込んだベランダです。
右が室内、左側が外です。
51号は海側に室内を面しているためベランダを覆ったような形で造られていて面白いなぁ、と感じる建物です。
左側の海に面した窓にはもちろん木製雨戸が付いてますし、右の室内側のガラス戸にも雨戸が付いてて二重の雨風潮からの守りになってるんですね。
物干し竿掛け用の鉄枠もありますし蛇口(流しも有)も付いてました。端島最後の鉱員アパート(s36年建設)だけあって居住性はだんぜん良くなってる感じです。 おそまつでした。

Re: 51号室内風造り込みベランダ 管理人 - 2006/04/10(Mon) 13:31 No.180

▼用務員さんへ

用務員さんの週末に写真アップされるのを、
いつも楽しみにしております。
部屋を外海側に造るの、
は当時としては思い切った決断だったんではないかと思います。
窓も相当狭く、内部をモルタル塗りで完全に固めた内ベランダは、
実際に見ると開放感溢れる窓ではありませんね。

ところで以前コメントを頂いた病院のサッシュの事ですが、
北西側の壁面が木製サッシュなのはやはり腐食の対策でしょうか。
この51号棟も廊下側、つまり日給社宅側の室内の窓枠は鉄製サッシュで、
クロス網の入ったガラス(正式にはなんというのかわかりませんが)がはめ込まれていますね。
 



初代肥前端島灯台 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/04/09(Sun) 05:23 No.173

お世話になっております。
H8年9月に撮影しました。
初代肥前端島灯台です。
端島閉山後のS50年12月に設置されました。
設置されて既に21年が経っているため錆びが生じてきてました。
現在の端島灯台は2代目でH10年12月に改修設置されました。  おそまつでした。

Re: 初代肥前端島灯台 管理人 - 2006/04/10(Mon) 12:59 No.179

▼用務員さんへ

いつも貴重な写真をアップして頂きありがとうございます!

懐かしの初代の灯台ですね。
今のすらっとした灯台もいいですが、
このちょっと太めの灯台もよかったですね。
 



8号職員社宅 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/04/02(Sun) 00:20 No.165

たびたびのカキコみ、失礼します。
H8年5月25日撮影の8号職員社宅です。
13号教員アパート屋上より撮りました。
もうこの時点でもだいぶ崩れていましたがどうにかかろうじて姿を把握できそうな感じでした。
今はもう完全に崩れていますね・・。 おそまつでした。

Re: 8号職員社宅 管理人 - 2006/04/02(Sun) 08:40 No.167

▼用務員さんへ

8号棟の木造部分がだいぶ残っていますね。
以前にも書いたと思いますが、
やはり鉄筋コンクリと木造が一緒になった光景は、
端島の特徴的なものだと思います。
今はコンクリだけなので、海上からみるといかつい要塞のように見えますが、
操業時は木造の木の感じが至る所に見えて、
特によく見える岩礁の上の方に木造が多かったので、
きっと今とは全然印象が違ったんではないかと想像します。

ところで用務員さんは貴重な写真を沢山お持ちなので、
例えばblogでそれらをアップされてはいかがでしょうか。
ネット上ではイメージが先行する端島の写真は多くみますが、
用務員さんのようにしっかりと意味のある捉え方をされているものはあまりみませんので。
 



13号教員住宅の手摺 投稿者:端島支所下っぱ用務員  投稿日:2006/04/01(Sat) 21:57 No.164

お世話になっております。
左程めずらしいものでもないのですが貼らせて頂きました。
端島では最後となった住宅建物、13号教員アパート(S42年建設)の手摺です。
デザインがなかなか面白いので気に入ってます。
高島にまだある町営アパートにも似たような意匠がみられます。建設年代が近いこともありもしかしたら同じ設計業者が手がけたのやもしれません。 ・・・おそまつでした。

Re: 13号教員住宅の手摺 管理人 - 2006/04/02(Sun) 08:24 No.166

▼用務員さんへ

13号棟の外廊下の写真をありがとうございます。
端島のアパートは、いろいろな時代のものが混在しているので、
数は少なくても、ひとつひとつ見ていかないとならないのが大変ですね。
以前に中ノ島の展望台と高島の展望台が同じ業者の手によるお話を伺いましたが、
端島も同様に同じ業者の手が入っていたと考えるのが順当でしょうか。
それにしても13号棟は、手すりもそうですが、建物全体も、端島の中では異彩を放っていますね。
 

 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42]


- Joyful Note -